MapTool/ja

From RPTools Wiki
Jump to navigationJump to search

Languages:  English  • 日本語

MapToolの概要

MapTool is open source and developed by the RPTools team

MapToolは充実した機能を持つ柔軟な仮想ゲーム卓(オンセ環境)だ。MapToofは詳細な地図を作成するための強力なツールが搭載されているが、それ以外にもチャット機能、イニシアチブ管理機能、そしてきめ細かいトークン管理機能など、キャラクターやモンスター、オブジェクトなど、思いつく限りのものを作成することができる。MapToolのユーザーインターフェイスは柔軟に設定することができ、使用ししない機能は目に付かないよう非表示にできる。

どんなゲームにも適応! これらの機能は、あなたのコンピュータの画面を仮想的な真のゲーム卓として機能させ、バトルマットやホワイトボードマーカーの役割を果たし、無限にスクロール可能なマップと大画面テレビやプロジェクターを使用する機能を提供する。MapTool は『ゲームシステム非依存』であり、いくつかのゲームシステム(GURPSのためのヘクスやD&Dのための四角形テンプレートのような)の為に特別な機能をサポートしているが、これらの機能の使用が必須というわけではない。多少のスクリプト作成が気にならない勇敢なGMのために、MapToolの高度なマクロ・プログラミング言語ダイス・ロールと記録を自動化し、どんなシステムでも迅速にプレイすることができる。

みんなで遊ぼう! もっとも優れている点は、これが1台のPCに限らないことだ。インターネットに接続できる場所であれば、統合サーバーを利用して、安全にプレイヤーと接続することができる。シンガポールの友人に会えなくても大丈夫。そのキャラクターを準備するだけだ。さらに、MapToolはクロスプラットフォームであり、ホスト機能を備えているてので、君のゲームを開催するために、ウェブサイトやサードパーティのサービスに頼る必要はない。あなたがネットワーキングに問題がある場合は、MapToolの素晴らしい Discordコミュニティの援助を頼ることができる。

そして、これだけではない! ただゲーム卓を再現するだけでは満足せず、MapTool はゲーム卓の経験を改善しようとしている。これは、正に MapTool の特筆すべき点である。一連の地形判断視界制御、そして光源と視覚の機能により、GMはプレイヤーの動きと視界を制限し、探索が進むにつれて地図を明らかにしていくことができる。壁やその他のオブジェクトは移動をブロックすることができ、プレイヤーはその背後にあるものを見ることができないようになっている。暗闇を落とせば、灯りを持たないプレイヤーの目をくらませることができる。灯りは物体やトークンに設定することができ、地図上の好きな場所を照らすことができる。もしGMが望むならば、プレイヤーの視界を自分が見ている範囲だけに制限することができ、パーティを分割する経験に全く新しいレベルを追加することができる。壁の角を見通せずに敵の視界に足を踏み入れてしまうキャラクターに哀れみを感じざるを得ない。

マップツールのダウンロード

MapToolの最新バージョンはGitHubで見つけることができる。

MapToolは、グループがいつアップグレードするかを決めることができるように、変更が自分のゲームを壊すかもしれないかどうかを知るのを助けるために、セマンティック・バージョニング(意味付けされたバージョン番号)を採用している。

刺激的な新機能は開発版(アルファまたはベータ)でテストすることができるが、安定性が重要なあなたのゲームのために、メジャーリリース版を使用することが推奨される。新しいバージョンで保存されたMapToolキャンペーンは古いバージョンでは動作しない可能性があるため、開発ビルドを試すときはキャンペーンファイルの取り扱いに注意するように。

外部リンク

関連記事

Languages:  English  • 日本語