Shortcut Keys/ja

From RPTools Wiki
Jump to navigationJump to search

Languages:  English  • 日本語

マップツール1.3b76以降における大半のショートカットキーはメニューの中で見つけることができる。とはいえ幾つかのショートカットキーは表示されていない。そういった『隠れている』キーは斜体で印を付けている。 ここでは既存のショートカットキーの全てを包括的に掲載している。ほとんどのキー操作はマップウィンドウにキーボードフォーカスがあることが必要となっている。

META は、ウィンドウズとリナックスでは CTRL、マックでは CMD を指している。さらに、一覧の多くは翻訳ファイルの中で変更可能であり、これらの組合せは多言語圏では異なる可能性がある。

光源/視界関連

キー操作 説明
META+K 光源の表示/非表示の切り替え
META+I 選択しているトークンの不明領域を公開
META+P 選択しているトークンの不明領域を直近の移動経路に沿って公開
META+SHIFT+O 選択中のトークンが見えている範囲を除き、マップ全体の不明領域を初期化する。
META+W 不明領域の表示/非表示の切り替え(GMのみ)

描画ツール関連

キー操作 説明
META+左クリック 描画をグリッドに吸着
ALT+左クリック 中心点より描画する(角から角ではなく)
SHIFT+左クリック 消去

マップ関連

キー操作 説明
スペース 矢印ポインターをマップ上に表示。
META+スペース 吹き出しポインターを表示。
SHIFT+スペース 思案中ポインターを表示。
スペース 移動中に通過点を追加する(マウスホイールのクリックも同様)。
META+G グリッドの表示/非表示を切り替える(使用中のクライアントのみ)。
META+SHIFT+S スクリーンショットを作成。
META+SHIFT+D 全ての描画を消去
META+Z 最後の描画を取り消す
META+R 最後の描画をやり直す(描画ツールが有効の場合のみ)
META+ALT+Enter フルスクリーンマップの有効/無効を切替る
= 表示倍率を1対1にする、もとの倍率に戻す
- 表示倍率を縮小
+ 表示倍率を拡大
Z (押している間)マウスホイールによる拡縮方向を反転する
META+H プレイヤーに対するマップの表示/非表示を切替える(GMのみ)
META+SHIFT+A グリッド設定(隙間、属性、色)(GMのみ)
META+N 新規マップ(GMのみ)
META+SHIFT+P プレイヤー表示の有効/無効を切り替え(GMのみ)
META+SHIFT+F 現在の表示を継続手にプレイヤーの中心にする(GMのみ)
META+F 現在の表示をプレイヤー表示の中心にする(GMのみ)
META+E プレイヤーを現在のマップに集める(GMのみ)

トークン関連

キー操作 説明
META+T トークン名の表示/非表示を切替える。
T マップ上の次のトークンを選択する(SHIFTで逆方向)。
テンキーの数字 押した数字の咆哮に移動する(7=左上、9=右上、1=左下、3=右下)。
Dテンキーの5、またはHOME 移動後、トークンの選択を解除する(矢印キーの使用中)。
SHIFT+ホイール トークンの向きを回転。上回転=時計回り。CTRL=1度ずつ回転させる。それ以外の角度はソフトウェア設定で制御する。トークンにTOP_DOWNを設定(トークンをダブルクリック→Configタブ→Shape)を設定している場合、黄色い矢印ではなく、トークン画像が回転する。
SHIFT+左矢印SHIFT+右矢印

トークンレイヤー:SHIFT+ホイールと同様:トークンを回転。

他のレイヤー:トークンをマス目単位ではなくピクセル単位で移動させる。

META+R トークンの向きを変える。クリックした時点のマウスポインタ―の咆哮にトークンの向きを設定。角度の制御はSHIFT+ホイールと同様。DELETEで向きを消去する。
SHIFT+マウスオーバー トークンをマウスオーバーした場合通常はデータシートを表示する。SHIFTを押下ていればデータシートは表示されない。

チャット関連

特定の / コマンドについてはチャット・コマンドを参照。

キー操作 説明
/ マクロコマンド(ENTERの押下により確定)
META+ENTER チャット・フレームの表示/非表示を切替える。

標準

キー操作 説明
META+O キャンペーンファイルを開く...
META+S キャンペーンを保存
META+A キャンペーンを別名で保存...
META+X 切り取り(トークンのみ)
META+C コピー(トークンのみ)
META+V 貼り付け(トークンのみ)